日本精神保健看護学会 第29回学術集会・総会

一般演題登録

演題募集期間

2018年11月1日(木)~ 2019年1月25日(金)24:00 受付終了

発表形式

口頭発表あるいは示説(ポスター発表)となります。

※応募いただいた発表形式とは異なる発表をお願いする場合がございます。

最終的な決定は、学術集会に一任願います。

登録方法

演題募集は、オンライン登録のみ受付いたします。
E-mail、ファックス、郵送等による応募は受け付けませんのでご注意ください。
必ずご本人に連絡ができる電子メールアドレスが必要になります。
下記ご案内をご確認後、登録にお進みください。

応募資格

  • 発表者・共同研究者は全て演題登録時に本学会会員であることが必要です。
  • 学会員の方は、下記の期日までに会費の納入をお願いいたします。筆頭著者をはじめ、共同研究者の中で未納の方が一人でもおられますと、演題の発表ができませんのでご注意ください。

<会費納入期限> 2019年3月15日

  • 非会員の方が本学術集会で演題登録を希望する場合は、日本精神保健看護学会ホームページの「入会のご案内」を参照いただき、入会申し込み手続きを完了してください。演題登録に伴う新規の学会入会については日本精神保健看護学会事務局にお問い合わせください。
  • 筆頭著者としての申し込みは、原則として1人1題に限ります。
  • 演題は、発表当日の時点で未発表のものに限ります。

オンライン登録についての注意

  • 演題登録システムは、Internet Explorer、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefoxで動作確認を行っています。
  • タイトルの制限文字数は70文字です。
  • 抄録は1400文字まで、図表がある場合は1000文字までとなります。
  • 図表のファイル形式はpdf、jpg、png、gifとしてください。サイズに制限はありませんが、図表を大きく表示したい場合は抄録の文字数を減らして登録してください。なお、図表のレイアウトはご一任いただきます。
  • 登録可能な最大著者数(筆頭発表者+共著者)は、20名です。
  • 発表可能な最大所属施設数は、20施設です。

演題申込手順、および申込情報の修正について

  1. 演題の登録には、まず「個人登録」としてお名前やご住所、連絡先、参加種別等を登録していただきます。
  2. 個人登録が完了すると「個人登録が完了しました」というメールが届きます。そのメールでお知らせする「登録番号」と「パスワード」を用いて、個人ポータル画面にログインし、演題申込やワークショップ申込を行ってください。
  3. 演題申込期間内は個人ポータル画面から何度でも修正が可能です。



分類

①リエゾン精神看護
②精神科救急・急性期における看護
③精神科リハビリテーション看護
④地域生活支援
⑤ヘルスプロモーション
⑥家族支援
⑦患者ー看護師関係
⑧連携・チーム医療
⑨さまざまなアプローチ
⑩看護教育(基礎・継続)
⑪その他

査読について

  • 学術集会では、演題応募資格を満たした一般演題について査読を行います。査読は、倫理的配慮及び抄録としての適切性に焦点を当てて行います。
  • 研究において実施された倫理的配慮の具体的な内容を明記してください。
    大学や施設の倫理委員会の承認を受けていれば、その旨の記載をしてください。
  • 研究報告の場合は、研究目的、方法、結果、考察など、研究抄録としての体裁を整えてください。
    実践報告の場合は、実践の目的と内容、成果、今後の課題など実践報告としての体裁を整えてください。
  • 演題採択結果については、3月中に筆頭発表者にご連絡いたします。

お問い合わせ先

日本精神保健看護学会第29回学術集会・総会 問い合わせ窓口

〒456-0005 名古屋市熱田区池内町3-21 株式会社ユピア
FAX: 052-882-9612  E-mail:japmhn29@yupia.net

学術集会事務局
名古屋市立大学看護学部
〒467-8601
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
問い合わせ窓口
(株)ユピア 内
〒456-0005
名古屋市熱田区池内町3-21
FAX: 052-882-9612
E-mail: japmhn29@yupia.net

PAGE TOP