日本精神保健看護学会 第29回学術集会・総会

市民公開講座

2日目:6月9日(日)
14:30 ~16:00(14:15 より入場開始)

  • 入場無料
  • 事前予約不要

マインドフルネスと臨床瞑想法

マインドフルネス瞑想は、「今ここ」の自分に意識を集中し、自分の身体と心の声に耳を傾けることで 心の状態を整え、 ストレス低減、集中力や包容力の向上等の効果があるとして注目されています。
市民公開講座では、医療、福祉、教育の実践現場でスピリチュアルケアや臨床瞑想法を普及されている大下大圓氏をお招きし、 普段の生活のなかで実践できるマインドフルネス瞑想法について分かりやす くご紹介いただきます。

講師

大下 大圓 氏
(飛騨千光寺 住職/日本スピリチュアルケア学会 理事)
 > 飛騨千光寺ホームページ

大下 大圓 氏

大下 大圓 氏

  • 1954年(昭和29年)飛騨に生れる
  • 千光寺で出家する(12歳)
  • 高野山大学文学部仏教学科卒業
  • 高野山大学文学部仏教学科卒業
  • 岐阜大学教育学部研究生修了
  • スリランカ国ビドゥヤランカ仏教学院修行留学
    (テーラヴァダー得度コース)
  • 京都大学こころの未来研究センター研修員修了
    (臨床での瞑想応用を研究、臨床瞑想法のメソッド開発)

ポスターダウンロード

学術集会事務局
名古屋市立大学看護学部
〒467-8601
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
問い合わせ窓口
(株)ユピア 内
〒456-0005
名古屋市熱田区池内町3-21
FAX: 052-882-9612
E-mail: japmhn29@yupia.net

PAGE TOP